会長あいさつ

建築基礎・地盤技術高度化推進協議会(略称All-Foundations;以下、ALLF)は、建築基礎構造の合理的な設計、安定した施工と信頼性の確保、新たな技術開発とその活性化、さらには当該分野における継続的な人材育成に資することを目的に設立されました。

建築分野における基礎・地盤技術については、技術基準が必ずしも体系的に整備されているとは言えず、また、これらの事情から、技術開発のニーズやシーズの取り込みが相対的に低下する傾向にあります。その結果、当該分野を専門とする研究者の減少を始めとして、実務を担う基礎・地盤関連技術者の不足、技術力の低下、異業種間のコミュニケーション不足などの構造的な問題が生じています。このままでは、将来的な人材不足すなわち当該分野の持続可能性が危惧されます。一方で、近年多発している建築物の地盤関連災害や不適切な基礎施工時の工事管理、建替え時の既存基礎や撹乱地盤の扱いにおける曖昧さなど、多くの問題が発生していることから、当該分野における施工品質管理技術の高度化や、新たな設計技術の体系化に関するニーズが高まっている状況にあります。 建築基礎・地盤に関する技術を駆使して実現される構造物は、地盤調査業者から設計事業者、専門施工業者、総合建設事業者など多くの異業種間の共同作業によってなされます。これら専門家集団が、山積する諸問題に対応しつつ、新技術の開発や高度化に対応するには、関連する企業・団体が一同に参画でき、また、当該技術分野および周辺領域の有識者をも交えた組織が切望されますが、残念ながらこのような組織・団体はこれまで存在していませんでした。

このような状況に鑑み、基礎・地盤の調査、設計、施工を担う関係企業およびこれらの技術分野に関連する学識経験者等、異業種の技術者・研究者からなる組織として、このたびALLFを設立する運びとなりました。ALLFは、建築基礎・地盤関連技術の高度化に資する研究開発支援、技術の体系化と技術資料の整備、情報提供、当該分野における技術者・研究者の人材育成および交流促進等を推進し、建築基礎・地盤関連技術の発展に貢献する所存です。

建築基礎・地盤技術高度化推進協議会

会長 中井 正一